フリーワード事務所検索

建設業・環境該当コラム数36

1 | 2 | 3
2018-06-22 14:25:15

労働安全衛生法という法律があります。 これは、「労働安全衛生法(昭和47年法律第57号)は、労働者の安全と衛生についての基準を定めた日本の法律」です。 全12章で構成されています。 職場にお...続きを見る

2018-06-04 20:41:25

建設業許可を取得する際、事務所のことは申請に関係しています。 まず、自宅兼事務所という場合において、玄関から入って、すぐに事務所に入れるということがポイントです。玄関から入り、廊下を通って、リビ...続きを見る

2018-05-18 17:12:34

建設業に関する法律として、「建設業法」が規定されています。 そして、建設業者が、建設業法や他の法令に違反する不正行為を行えば、監督行政庁により建設業法上に則り、監督処分が施されます。 https:...続きを見る

2018-05-16 15:23:32

そもそも建設業とはいかなる産業なのでしょうか。 建設業とは、建設工事の完成に対して対価が支払われる請負業のことです。 元請、下請けというように様々な事業者がいますが、総じて建設業と言えるでしょう。...続きを見る

2018-05-14 15:29:16

経営事項審査は、公共工事を直接請け負おうとする建設業許可業者を客観的に審査する制度です。 建設業許可業者の能力を測ろうとする仕組みです。 公共工事の業者を決定する方法は、原則として入札制度です...続きを見る

2018-04-16 22:00:29

施工体制台帳とはなんでしょうか。 建設業法24条の7により、特定建設業者が、発注者から直接請け負った建設工事を施工するために締結した下請代金の総額が3000万円 (建築一式工事 は4500万円)...続きを見る

2018-04-04 16:32:27

建設業の製品は、発注者にカスタマイズされる「一品受注生産」です。 ということは、事前のそのクオリティを確認することは難しいですね。 途中で不具合に気付いても、修復作業は困難を極めます。 ...続きを見る

2018-04-03 15:47:22

建設業者は、下請を行ったとしても下請法は適用されず、 下請けを行った場合は、建設業法と独占禁止法が適用されます。 建設業に関する業務は、建設業法に則るべきもので、 建設業法に規定されてい...続きを見る

2018-04-02 12:46:38

建設業では「一括下請負の禁止」というものがあります。 建設業法22条1項に、「建設業者は、その請け負った建設工事を、いかなる方法をもってするかを問わず、一括して他人に請け負わせてはならない」と規定さ...続きを見る

2018-03-14 21:51:45

建設業許可を取得すると、さまざまなメリットがあります。 そのひとつに、信用度の向上があげられます。 許可を受けている→社会的に信用度が高い、という図式になるため、金融機関からの融資もハードルが下が...続きを見る

2018-02-21 17:58:43

建設業許可のための要件である以下の5つ ①経営管理責任者がいること ②専任技術者が各営業所にいること ③誠実性があること ④財産的基礎又は金銭的信用を有していること ⑤欠格要件に該当しないこ...続きを見る

2018-02-19 20:15:45

<建設業許可の5要件は> 建設業の許可を受けるにあたって、建設業法で定める5つの要件を満たさなければなりません。 ①経営業務管理責任者がいること ②専任技術者が営業所ごとにいること ③...続きを見る

2018-02-16 16:03:39

建設業法により、建設工事のタイプが29種類に分られています。 この29種類を「業種」、「工種」と言います。 これらは、2つの一式工事と27の専門工事に区分されています。 簡潔にいうと一式工事...続きを見る

2018-02-13 18:06:04

○そもそも建設業とはどんな業種でしょう。 「建設業とは、土木・建築に関する工事を請け負う営業。建設業法(1949年制定)の規制を受ける。」 と定義されたりしています。 つまり、建設工事を受注し、...続きを見る

2018-02-09 06:45:35

こんにちは。 建設業を営む方で、「会社設立」をしてから「建設業許可」を取りたいという方がいらっしゃいます。 このときは、留意してほしいことがあります。 大別すると、「会社の目的」と「資本...続きを見る

1 | 2 | 3